1. お取り寄せの食市場
  2. >
  3. おとりよせ特集一覧
  4. >
  5. 季節のおすすめ!おとりよせ特集
  6. >
  7. クリスマスケーキ・料理・ギフト 通販特集

クリスマスケーキ・グルメのお取り寄せ | クリスマス特集

2016年のクリスマスパーティーを彩る、ごちそうグルメ・スイーツのお取り寄せならぐるなび食市場!フルーツたっぷりのチョコレートケーキや粉砂糖をまとったブッシュドノエルなど定番のクリスマススイーツから、プロのシェフが作った柔らかローストビーフやカリカリジューシーなチキン・ターキーなどクリスマスのホーム
パーティーにも最適なお取り寄せグルメがそろっています!

▼続き

家族が集まる夜を美味しく彩る | クリスマス特集2015

おすすめキャンペーン

今売れている人気のクリスマス料理はこちら

クリスマスケーキ

チキン・ターキー

お酒・ドリンク

オードブル

その他絶品グルメ

クリスマスは何の日

キリストのミサを意味する「Christmas」
その名の通り、クリスマスとはイエス・キリストが約2000年前にこの世に生まれたことをお祝いする日、つまりイエス・キリストの誕生日なのです。

クリスマスの起源・由来について

イエス・キリストの誕生を祝うための祝祭がクリスマスの起源とされていますが、10月の1日もしくは2日や、9月15日がイエス・キリストの誕生日であると諸説があり、定かではありません。
にも関わらず12月25日がクリスマスとして定着したのには、古代ローマ帝国の時代から行われていた「冬至の祭り」が深く関係しているのです。
当時のローマ帝国では「ユール(yule)」と呼ばれる太陽の復活祭がお祝いされていましたが、「世の光」と呼ばれていたイエス・キリストと重ねられ、お祝いするようになったのです。

なぜ12月25日なのか?

キリスト誕生の祝祭は、はじめキリストが洗礼を受けた1月6日とされていましたが、2~4世紀のローマで前述の冬至の祝祭・ユールと重ねられ成立していきます。
現在ではローマ・カトリック教会、プロテスタント教会、コンスタンティノープル教会など多くの教会が12月25日としていますが、エルサレム、ロシア、セルビアの教会などは1月6日を採用しています。

サンタクロースはいったい何者?なぜサンタさんがいるの?

サンタクロースのモデルは聖ニコラスと呼ばれる人で、小アジア(現在でいうトルコ)のカトリック司祭だったそうです。
心優しい聖ニコラスは、多くの人々に施しをしたといいます。
オランダ語では聖ニコラスのことを「シンタ・クラース」(Sinter Klaas)といい、その後、17世紀にアメリカへオランダ人が移民し、アメリカ訛りの「サンタクロース」となっていきました。
また現在のような白ヒゲに赤い服のイメージが広がったのは、コカ・コーラの宣伝からといわれています。

クリスマスツリーを飾る習慣

北欧に住んでいた古代ゲルマン民族の冬至の祭りで使われていたのがもみの木です。冬でも葉を枯らさずにいるもみの木は、生命の象徴とされていました。
1419年にドイツのフライブルクで、パン職人の信心会が精霊救貧院にツリーを飾った記録が残っています。
また、16世紀にマルチン・ルターがクリスマス礼拝の帰り道で、森の中の常緑樹の枝の合間から見えた無数の星の美しさに心を打たれ、子供たちにも見せてあげたいという気持ちから、家の中に木を持ち込み、火を灯したろうそくを枝にくくりつけたのが始まりといわれています。