1. お取り寄せの食市場
  2. >
  3. 食材・調味料
  4. >
  5. カニ・エビ
  6. >
  7. カニ(蟹)
  8. >
  9. かに 通販・お取り寄せ特集

【カニ 通販】厳選の蟹が勢揃い!かに通販・お取り寄せ特集

寒い季節にオススメ!北海道から各名産地まで厳選のカニ(蟹・かに)特集!鍋料理はもちろん、様々な料理で主役になります。タラバガニやズワイガニなどお料理に合わせてお選びください。また、カニに関するお役立ち情報もご紹介。通販でオーダーする前に是非参考にしてください。
通販・お取り寄せするなら「ぐるなび食市場」をご利用ください。

▼続き

かに特集

おすすめキャンペーン
  • カット済み 特撰ずわい蟹福袋1.2kg
  • 販売数100万箱突破!【大盛り】元祖カット済みズワイ蟹1.2kg[送料無料]
  • 特大4Lサイズ指定解禁!ズワイガニ脚ちょうど良い3kg箱☆6~10人前【送料無料】
  • たっぷり蟹脚だけ3kg 9999円送料無料 8人前
  • 注目のおすすめかにギフト



    カニ通販をご利用いただくお客様へ

    寒い冬の名物料理として、あらゆる世代に愛されている「カニ」。一口でカニと言っても、世界に生息するカニの種類は約5000種類にもなると言われ、そのうち日本近海に生息するカニは約1000種類と言われています。そんな多種多様なカニの中でも、日本人が最も好む「三大ガニ」と言えば、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニの3種類。タラバガニは身の大きさとプリプリの食感、食べ応えが大きな魅力となっていて、ズワイガニは身の大きさとしてはやや小さくなるものの、その旨味と甘みは抜群。そして毛ガニは硬い毛で覆われ、身としての部分は大きくないものの、品のある旨味とカニ味噌の味わいに病みつきになってしまう人も多くいると言います。

    また、カニは産地ごとに選ぶのも楽しみの1つ。北海道の冷たい海で穫れるタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニはもちろん、根室沖で穫れる花咲ガニ、福井沖で穫れる越前ガニ、山陰沖で穫れる松葉ガニなどの産地ブランドガニも非常に有名です。近年はネット通販なども進化し、直接産地まで足を運ばなくても、全国の美味しいカニを自宅で楽しめるようになってきています。

    [目次]
    カニの種類別!味の違いとオススメの食べ方
    カニの選び方のポイントとは?
    カニは人数に対してどのくらい買えば良いの?
    カニ料理で人気のレシピ
    カニの茹で方のポイント
    カニの鮮度を保つには?賞味期限・保存方法とは?
    カニが国内で最も食べられるエリアとは?
    カニが国内で最も取れる地域とは?
    カニの世界の流通状況とは?
    【おすすめコラム】毛ガニの美味しい選び方、捌き方を知ってる??意外と簡単にできる毛ガニの捌き方を専門家が伝授

    カニの種類別!味の違いとオススメの食べ方

    「カニの王様」とも言われ、身の大きさと足の太さ、食べ応えの良さが人気の「タラバガニ」。刺し身でそのままの美味しさを味わうも良し、ダイナミックに姿焼きにし、真っ赤になった身に塩味で食らいつくも良し、出汁にくぐらせてカニしゃぶで味わうも良し、カニ鍋に入れて最後の〆でカニ雑炊にするも良しと、様々な食べ方を堪能する事ができます。タラバガニは鍋に入れても旨味成分が抜けにくいため、カニ鍋用としても人気を集めています。

    また、タラバガニよりも細長い足で、甲羅の部分もやや小ぶりとなっている「ズワイガニ」の場合は、塩茹でや蒸し、姿焼きといった食べ方がお薦めです。身のボリュームとしてはタラバガニに劣る面はあるものの、特徴でもある甘みの強さをストレートに堪能する事ができます。さらにズワイガニの魅力の1つはカニ味噌でもあり、その濃厚な味わいを愛するファンも多くいるほどです。
    「もちろん、カニ鍋のカニとしても人気なので、最初から最後まで様々な食べ方を楽しむ事ができます。

    そして硬い毛で覆われ、小さな身体の中にぎっしりと身と味噌が詰まった「毛ガニ」は、品のある旨味が人気のカニであり、全体を一気に塩茹でにして食べるのがお薦めのカニです。また、毛ガニを丁寧にさばき、カニ味噌の部分を甲羅へと移していけば、ワイルドな甲羅の上に載る、濃厚な味わいを堪能する事もできます。さらに北海道では「鉄砲汁」という毛ガニの味噌汁も有名で、地元の郷土料理を味わう気分で毛ガニを楽しむ事もできます。

    カニの選び方のポイントとは?

    少しでも美味しいカニが食べたいと思った時に、気になってくるのがカニの選び方や見分け方。最も有名な見分け方のポイントとして、「カニの腹を見る」という方法がありますが、鮮度に自信を持っているお店の場合、敢えて腹を見せて並べるというケースもあったりするほどです。一般的には腹が白くなっているカニは脱皮したての状態で身入りがよくないと言われ、腹が褐色になっているカニの方が、身入りがよくて美味しいと言われます。

    その他にもカニの甲羅を触り、甲羅に硬さがあるカニを選ぶという方法もあります。脱皮したてで身入りが少ないカニは甲羅も柔らいため、ここをポイントにカニを見分ける事もできます。また、中身がぎっしりと詰まったカニは見かけの大きさに関わらず、しっかりとした重さがあるものです。そして全体としての色ツヤの良さもカニを選ぶ際のポイントになります。黒みがかったカニは鮮度が落ちている可能性があるため、はっきりとした赤い鮮やかさがあるカニを選ぶのがお薦めでしょう。

    カニは人数に対してどのくらい買えば良いの?

    寒いこの季節だからこそ、旬のカニの味わいを思う存分堪能したい。そう思ってタラバガニやズワイガニ、毛ガニなどをお取り寄せしようと思った時に、気になってくるのが人数別の分量の問題。食べる人数に対してどのくらいの量のカニを買えば良いのか、慣れていないとなかなかわかりづらいですよね。

    例えば一人でカニを食べるとした場合、概ね500g程度が1つの目安となり、がっつり味わいたいという人は700g~800g程度のカニを選ぶと良いでしょう。その場合の価格帯としては、概ね3,000円から4,000円程度が多くなっています。また、夫婦2人の場合は殻付きで1kg~1.5kg程度、価格帯としては6,000円から10,000円程度、そして4人くらいまでの家族や仲間といった場合は2kg~3kg程度、価格帯としては10,000円から15,000円程度を見ておくのが良いでしょう。

    尚、5人から10人程度で、宴会やパーティーのメインとしてカニが食べたいという場合は、3.5kg~7.5kgくらいのカニが必要になってくる可能性もあります。このくらいのボリュームになってくると価格帯の幅も広がりますが、概ね18,000円から30,000円程度を見ておくのが良いでしょう。

    カニ料理で人気のレシピ

    お取り寄せしたカニを楽しむためのレシピは様々ありますが、カニの味わいをダイナミックに堪能するならば、「かに刺し」や「姿焼き」「塩茹で」といった食べ方が定番であり不動の人気です。その他にも「カニしゃぶ」や「カニ鍋」といった食べ方も人気で、これらはまさに王道とも言えるカニの楽しみ方となっています。また、北海道では「鉄砲汁」と呼ばれる毛ガニの味噌汁も人気で、産地ならではの贅沢な味わい方の1つとなっています。

    その他にもカニ料理のレシピは様々あり、カニの窯めしやカニのちらし寿司、洋食であればカニのグラタンやカニクリームコロッケ、さらにはイタリアン風にカニのトマトクリームパスタなどのレシピにしてみるのもお薦め。中華料理であれば、カニチャーハンにカニ玉、カニシュウマイにカニ餃子、カニの中華スープなどなど、バリエーションもかなり広がってきます。最近ではアドガドのカニクリーム焼きやカニのリゾット、カニを使ったキッシュなども人気のレシピとなってきています。

    カニの茹で方のポイント

    せっかくお取り寄せしたカニならば、食べる時もできるだけ美味しく調理したいものですよね。そんな時に気になってくるのが「カニの茹で方」の問題。カニの塩茹では旨味が存分に堪能できる、お薦めの食べ方の1つです。しかし、初心者の場合、いきなり鍋にカニを入れてしまう人もいますが、茹でる前にはカニを軽く水洗いしておくのが、美味しく調理するためのポイントです。

    また、鍋の水はカニがしっかりと隠れるくらいの量を入れ、そこに塩を加えます。この時の塩の分量は、タラバガニやズワイガニの場合で1リットルの水に対して15g程度、毛ガニの場合で35g程度を加えるようにしましょう。そして鍋の水が沸騰したら、甲羅を下にしてカニを入れます。そこから再度沸騰させ、タラバガニならば18分~20分、ズワイガニや毛ガニならば15分~20分を目安に茹でるようにしましょう。この時にカニを茹ですぎて、味が落ちてしまうという事がないように、茹で時間はしっかりと守るようにした方が良いです。そして最後は茹で上がったカニを再度軽く水洗いすればOK。美味しいカニの塩茹でが出来上がりです。

    カニの鮮度を保つには?賞味期限・保存方法とは?

    お取り寄せサイト等を通じてカニを購入する場合、気になってくる事の1つが賞味期限の問題。もともと冷凍されている状態で自宅へと届き、そのまま自宅の冷凍庫に入れておくのであれば、一般的には1ヶ月以内程度が賞味期限の目安となっています。しかし、解凍後の賞味期限に関しては、冷蔵庫で概ね2日程度となっているため、解凍度はできるだけ早く食べるようにしましょう。尚、販売元や購入する商品の内容によっても賞味期限の設定が変わってくる可能性はあるため、販売先が推奨する賞味期限の範囲内で食べる方が良いでしょう。

    また、お取り寄せしたカニを一度では食べきれず、保存を考える場合もあると思います。その場合、生カニは一旦茹でるようにし、茹でた後はラップでしっかりと包んでから冷蔵するようにしましょう。ただし、その後は2日以内程度で食べ終えるのが基本です。もし冷凍している状態のカニであれば、あらかじめ食べる分だけを解凍し、鮮度が高いうちに味わってしまうのが、美味しさを逃さないためのポイントです。


    カニが国内で最も食べられるエリアとは?

    世界におけるカニの漁獲量を見てみると、中国やアメリカ、カナダなどが漁獲量の上位となっていますが、日本も世界トップ10の常連に名を連ねるほどの漁獲量を誇っています。そしてそんな日本の国内で、最もカニに対してお金をかけているのは、どの都道府県の人たちかご存知でしょうか?世の中にはカニの消費額に関する都道府県別のランキングというものもあり、3位は石川県、2位は福井県、1位は松葉ガニで有名な鳥取県(2014年)となっているのだそうです。

    ちなみに3位の石川県は、越前ガニや加能ガニが味わえる事でも有名な産地です。そして2位の福井県はなんといっても越前ガニの本場であり、関西から越前カニを求めて旅行客が訪れるほどの産地です。また、1位の鳥取県はカニの水揚げ量においても全国トップレベル(水産物流通調査より)となっていて、北海道と競うほどの一大産地となっています。尚、4位以降は三重県、和歌山県、北海道といった順番になっています。

    カニが国内で最も取れる地域とは?

    美味しいカニが味わえる地域と言えば、なんとなく北海道のイメージが強い人が多いと思いますが、国内の漁獲量ベースで見る場合、どんな地域のランキングになっているかご存知でしょうか?例えば国の統計調査の結果などを見てみると、カニの漁獲量の総量としては北海道が1位、そして一人あたりの漁獲量という視点で見た場合は鳥取県が1位となっています。

    また、北海道は国内で約20%もの漁獲量を誇るほどのカニの産地ですが、その内訳を見てみると、タラバガニや毛ガニ、花咲ガニなどが主となっています。一方でズワイガニを見てみると、鳥取県や島根県といった地域が一大産地となっていて、松葉ガニで知られる同地域の強さも見逃せないポイントになっています。国内にはその他にもカニが取れる地域がたくさんあり、福井県の越前ガニ、兵庫県の香住ガニ、京都府の間人(たいざ)ガニ、石川県沖の加能ガニ、駿河湾の高足ガニ、秋田沖の紅ズワイガニといったブランドガニも有名です。

    カニの世界の流通状況とは?

    日本人は昔から無類のカニ好きではありますが、世界を見渡してみると、日本以外にもカニの流通が盛んな国はたくさんあります。例えば漁獲量という意味では、中国、アメリカ、カナダが世界でもトップクラスとなっていて、中国では中華料理の食材としてカニが使用される事も多くなっています。代表的なメニューとしては上海ガニがよく知られ、昔も今も親しまれています。その他にもカニが使われているメニューはたくさんあり、カニチャーハンやカニ玉、カニ入りの中華スープなど、挙げればきりがないほどです。

    また、アメリカでもカニは人気の食材となっていて、ブルークラブやダンジネスクラブ、オーストラリアではマットクラブなども名物の1つとなっています。一方で意外なのは、カニの産地としても有名なロシアでは、それほど多くカニが食べられていないという点です。ロシアでは獲れたカニを輸出する事が多く、自国での流通はあまり多くないという珍しい状況になっています。その他に宗教的な理由からカニを食べないという、中東の国々などもあります。

    【おすすめコラム】
    毛ガニの美味しい選び方、捌き方を知ってる??意外と簡単にできる毛ガニの捌き方を専門家が伝授

    この季節に美味しい食材の一つと言えば、「カニ」。三大カニの中でも特に毛ガニは、カニ好きの間でも人気が高いカニです。濃厚な身の旨味ととろける蟹味噌がたまらないですよね。

    しかし、なんだかんだ、美味しい毛ガニの選び方や蒸し方、捌き方を知らない。という方も多いのではないでしょうか。

    自分で美味しい毛ガニを選んで自宅で調理すれば、高級な毛ガニもお店で食べるより遥かに安く済むのも嬉しいですね!

    ということで、今回は、三代目魚熊の大将 山田正幸さんに、魚熊流の美味しい毛ガニの選び方、蒸し方、捌き方を聞いてきました。

    三代目魚熊の大将 山田正幸さん

    美味しい毛ガニの選び方
    (今回は茹でる前の生の毛ガニの選び方です。)


    美味しい毛ガニの選び方

    1、持った時に、重量感があるもの
    持った時に重量感があるものは身がギュッと詰まっていておいしい!

    2、新鮮に生きているものより動きが鈍いもの
    大きく動いているものの方が、新鮮そうに感じますが、実は手足を縮めて「ムッ」としている状態のものの方が新鮮!

    3、フジツボが付いているのであれば小さめのフジツボを選ぶ
    毛ガニにフジツボが付いている場合は、小さいフジツボが付いているものを選びましょう。大きいフジツボが付いているものは年が取っており味が落ちます。

    美味しい毛ガニの蒸し方


    美味しい毛ガニの蒸し方 手順1

    1、大きな蒸し器を使う
    たくさんの蒸気で蒸すことで、均等に火が入りやすいので、小さい蒸し器より大きなものを使いましょう。

    2、ふんどしにひとつまみの塩を入れる
    大きく動いているものの方が、新鮮そうに感じますが、実は手足を縮めて「ムッ」としている状態のものの方が新鮮!

    美味しい毛ガニの蒸し方 手順2

    ふんどしにひとつまみの塩を入れることで、旨味が全体に行き渡り、美味しく蒸すことができます。

    3、甲羅を下に蒸す
    甲羅を上に向けるのではなく、甲羅を下に蒸すことでカニの旨みや水分を逃がしません!

    山田さん曰く、毛ガニはたくさんの量を調理する場合は、ボイルが美味しく、自宅で少量を調理する場合は、蒸すのがオススメだそう。少量を茹でると、旨みや風味がお湯に逃げてしまいますが、蒸すと旨みも逃げずにパサつかず、美味しくいただけるとのことですよ。

    >>次ページ 毛ガニの捌き方徹底攻略