おせち料理のご予約 | おせち通販特集2015年

2015年人気の美味しいおせちを取り揃えました。スタンダードな和風のおせち料理だけでなく洋風や中華などのジャンル別のおせちから有名ホテルやレストラン・銘店のおせちなど、豊富な種類を取り揃えご予約・ご注文を承っております。2015年のおせち料理のご準備は、食の通販・お取り寄せのぐるなび食市場まで。

注目の12ジャンルから選ぶ

    • 和風レストランおせち

    • 伝統文化を受け継いだ本物の味
      誰もが楽しめる定番の中にもこだわりを

    • 洋風レストランおせち

    • 厳選された食材と、一流シェフが提供する自信作

    • 中華レストランおせち

    • 本格中華が自宅で楽しめる、目にも華やかなおせちで新年を明るく迎えられます。

    • 和風生おせち

    • 作りたての味をそのままに、鮮度が命の生おせちが自宅で味わえます。

    • 洋風生おせち

    • 作りたての味をそのままに、鮮度が命の生おせちが自宅で味わえます。

    • 中華生おせち

    • 作りたての味をそのままに、鮮度が命の生おせちが自宅で味わえます。

    • 京都おせち

    • 老舗料亭の目利きした食材で創られたおせちは、和の真骨頂。

    • ホテルおせち

    • 有名ホテルの味をご自宅で
      様々な種類のシェフこだわりおせち

    • 銘店おせち

    • 老舗の銘店だからこそ出来る、高品質で豪華な格式あるおせち

    • お試しおせち

    • 銘店やホテルなどのおせちがいち早くお試しできる!

人数から選ぶ

  • 一人~二人
  • 三人~四人
  • 五人~大人数

ランキングから探す

  • ショップ別ランキング
  • ホテル別ランキング
  • レストラン別ランキング
アイコンをチェック!
送料無料
カード対応
ギフト対応
あす着対応

今売れている人気のおせち料理のご予約・ご注文はこちら

注目のおすすめショップ

小樽 きたいち

おすすめのおせち料理一覧

おせち料理2015年 送料無料や早割りおせちも

7件:1件~7件表示中
  • 先頭へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ
7件:1件~7件表示中
  • 先頭へ
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
  • 最後へ
おせち豆知識

おせち料理の起源

季節の変り目である「節句」に、神様へのお供えをするための料理がおせち料理の起源です。
お供え物自体の歴史は古く、日本人が稲作を始めた頃からで、その後、奈良~平安時代の朝廷行事「節会(せちえ)」でお供えした料理「御節供(おせちく)」を庶民が真似し、年に5回の節句の中で最も重要な正月料理のみを、江戸時代後半から「おせち料理」と呼ぶようになりました。
奈良~平安時代まではお米のみをお供えしていましたが、江戸時代までには野の幸、海の幸、山の幸を使い、その年の豊作を祈って食べる料理や武家の祝い膳、新年を祝う庶民の料理などが混ざり合って現在の形の原型が出来ました。
古来日本人にとってお正月は年神さまをお迎えし共に過ごす儀礼。
おせち料理は火を使わずに済む保存食で構成されてきたのには、一年のはじめに、神様にお供えしたごちそうをいただき、神様がいる間は煮炊きするのを慎むということと、正月の三が日は普段忙しい女性に休養を与えるという理由があったようです。
明治時代に入り、おせち料理は「めでたさを重ねる」という意味で重箱に盛り付けられるようになりました。
現在では三段重が基本となっていますが、伝統的なものは四段重または五段重で構成され、上から順番に、一段目には黒豆や数の子などの祝い肴、二段目には口取り肴といい伊達巻や栗きんとんのような甘いもの、三段目には魚や海老の焼き物など海の幸、四段目は野菜の煮物などの山の幸(五段目は控えの重)という構成になっていました。
一段目は年始のお客様との酒の肴にするため、二段目は酒を飲めない子供たちと下戸の人のためのものという意味合いがあるそうです。
「まめに働く」黒豆や、「金団」の字をあてて財宝を意味するきんとんなど、めでたい食べ物を詰め合わせて一年の無病息災と家内安全を祈願しました。

地方ごとの特色

諸説ありますが、おせち料理は本来「年迎え」として大晦日の夜から元旦にかけて食べられるものだったそうです。
明治時代以降は重箱に詰められ、年始の来客をもてなす料理としての意味合いも持つようになり、現在では日本全国で元日から正月三が日にかけて食べるようになっています。
しかし北海道や東北の一部では今でも江戸時代以前の風習が残っており、大晦日からおせち料理を食べるそうです。
また、重箱に詰められるおせち料理の特色も地方によって様々です。
関東では「祝い肴」には黒豆、数の子に加え、ごまめ(田作り。
いわしの幼魚の佃煮)を入れますが、関西で黒豆、数の子とたたきごぼう(酢ごぼう)を入れるのが特色です。
長い歴史を持つ関西地方では、京都の「棒だら」や滋賀の「フナずし」をはじめとして特色があります。
どの地方でもその地方でとれる海の幸、山の幸を生かした料理が重箱に詰められ、お正月の食卓を彩ってきたのです。

おせち料理、近年の傾向

おせち料理の内容・質や価格帯、品数やジャンル、ボリュームなどの嗜好は、それぞれのご家庭で異なるものです。
お子さんがどうしても伝統的な和風のものが苦手である場合、中華や洋風のおせちを選ばれることもあるでしょう。
食の安全が問われる現在、産地や生産者、作っているシェフが一目瞭然であるインターネット販売は、前述したようなおせち料理への多様なお客様のニーズに合わせ、ますます人気のものとなっています。
近年で人気なのは、和風おせちでは、海鮮おせちやふぐセットなど、“おせちにもう一品”のおまけ付きのもの。
洋風おせちではローストビーフ、テリーヌ、パテなどの食材にオプションでデザートやスイーツを付けたもの。
中華風おせちでは、アワビやフカヒレの高級食材をつかったおせちや、オードブル形式のものが選ばれているようです。

一年のはじめにあたり、家族みんなが笑顔になれるようなおせち料理を、ぜひぐるなび食市場でお探しください。

他の特集を見る