1. お取り寄せの食市場
  2. >
  3. おとりよせ特集一覧
  4. >
  5. 季節のおすすめ!おとりよせ特集
  6. >
  7. 2017年 おせち料理のご予約・通販
  8. >
  9. おせち・正月料理の雑学集
  10. >
  11. 【知ってる?】お正月にお雑煮を食べる意味は神様の力をもらうためだった!

【知ってる?】お正月にお雑煮を食べる意味は神様の力をもらうためだった! | おせち通販特集

お正月の習慣のひとつとも言えるお雑煮。なぜお正月にお雑煮を食べるのか、その由来や意味を知っていますか?意外と知られていない定番お正月料理であるお雑煮を食べることで得られる秘密の力についてご紹介します。

他の関連記事を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
【知ってる?】
お正月にお雑煮を食べる意味は
神様の力をもらうためだった!


お正月の習慣のひとつとも言えるお雑煮。なぜお正月にお雑煮を食べるのか、その由来や意味を知っていますか?意外と知られていない定番お正月料理であるお雑煮を食べることで得られる秘密の力についてご紹介します。


お雑煮は神様のお供え物を食べたことから始まった


「お雑煮」という名前は、さまざまな具材をまぜて煮合わせたことが語源です。お雑煮に入れる具材はその年の実りと幸せをもたらすと言われている年神様のお供え物だった餅や農作物・海産物などを、さらに新年最初に汲んできた水である「若水」と新年最初に灯した火で煮込んで食べたことから始まりました。
因みにお正月の飾りである門松も年神様を迎え入れるために飾るようになったものです。

ハレの日に食べる食材として愛されてきたお餅


お雑煮の具材は地域によっても異なりますが、お餅は角型や丸型、焼くか焼かないかなど、多少違いがあったとしても入っています。因みに、地域によって丸餅派と角餅派は分かれており、関ヶ原の合戦が行われた場所を境に南側は丸餅、北側は角餅を好んで食べるそうです。
参考:あなたはどっち派?角もち VS 丸もち!お雑煮 天下分け目の戦い
そんな地域によって好まれる形も違うお餅は昔から「ハレ」の日、つまり、お祝いごとや特別な日に食べる食材でした。そのため、新年を迎える特別な時期には餅つきをして、お餅を食べます。

年神様のお供え物を食べることで神のパワーをもらっていた


年神様へのお供え物には霊力が宿るとされ、そのお供え物を食べることで年神様の力を頂くことができると信じられていました。年神様のお供え物で作ったお雑煮により、 人々はお腹を満たすだけでなく神様のパワーももらっていたのです。
また、お正月の食事やお祝いごとなど特別な席で使われる「祝い箸」にも年神様が関係しています。
「祝い箸」は、箸の両端が細くなっており「両口箸」とも呼ばれ、片方は年神様がもう片方を私たち人間が使う「神人共食」を表しています。「祝い箸」を使うことで、私たちは年神様と共に食事を頂いているのです。

祝い箸でお雑煮を食べれば神様のパワーも2倍もらえるかもしれません。

【知ってる?】お正月にお雑煮を食べる意味は神様の力をもらうためだった!の人気店舗