1. お取り寄せの食市場
  2. >
  3. おとりよせ特集一覧
  4. >
  5. 季節のおすすめ!おとりよせ特集
  6. >
  7. 2017年 おせち料理のご予約・通販
  8. >
  9. おせち・正月料理の雑学集

おせち・正月料理の雑学集 | おせち通販特集

定番のおせちやお正月料理も良いけど、今年のおせちはちょっと趣向を凝らしてみたい いつもと違うお正月料理にチャレンジしたいそんな方必見のおせち・お正月料理に関する面白ネタ・プチ情報、おせちのうんちくが満載です!おせち料理の基本も紹介いたします!

他の関連記事を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

おせち面白ネタ集

完食必至!2016年のトレンドは“肉”おせち

國塩亜矢子

Writer

國塩亜矢子

フードコーディネーター

1人あたり975円!?コストコで買ってきた材料でおせちを作るとお得だった!

mayuco

Writer

mayuco

フードコーディネーター

年末年始の祝い方はこんなにも違う!!世界のお正月料理事情

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

おせちを重箱に盛り付けるには?綺麗な盛り付け方で新年を気持ちよく迎えよう!

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

2016年のトレンドは?おせち料理の売れ筋人気商品を探る

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

ズボラ主婦・主夫でも楽々作れる!おせちを彩る超絶簡単レシピ

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

おせちにぴったりなご飯物は何?おせち料理と食べるべきご飯物とは!?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

手作り?購入?毎年のおせち料理、みんなはどう用意してる?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

みんなのおせち購入金額はどれくらい?最新おせち事情に迫る!

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

徹底調査!手作りおせちと購入おせちの準備は、いつから始めるべきか

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

何が違うの?筑前煮・がめ煮・煮しめを見分けるポイントは調理法と食材!

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

温めればもっと美味しい!おせち料理を手軽に簡単に温めるポイント!

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

出世魚を食べて出世する1年に!鰤をお正月に食べるべき本当の理由

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

御祝い・おせちに欠かせない「有頭海老」。そのいわれと実力とは

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

デカ過ぎるサトイモ「八頭」は何故おせちで食べるのか。

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

イワシなのに田を作る!?「田作り」の語源と意味とは?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

おせち料理を彩る酢レンコン。その由来と意味は人々の生活の知恵だった!

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

関東より北側で愛されるおせち「酢だこ」!タコが縁起物として好まれるワケとは?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

おせち料理の彩りに欠かせない人参のいわれは?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

イカ好き大国日本のおせち料理に「松笠イカ」が用いられるワケ

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

意外と知らない!おせち料理を重箱に詰める意味といわれ

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

由来は男女それぞれで違う!?心を養い良縁を願う手綱こんにゃくの意味・いわれとは?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

意外と知らない!?おせち料理でも出てくる「口取り」ってどういう意味?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

おせちを彩る完全食「卵」!伊達巻や錦玉子にはどんな意味・由来がある?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

れんこんにアクなどない!?おせち料理に「れんこん」を食べる意味と美味しい食べ方

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

栄養価が高くて優秀過ぎる「ゆりね」はお正月に絶対食べるべき食材だった

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

生命力あふれる「ふき」を食べれば老化予防も!?お正月に「ふき」を食べる

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

紀元前から愛される酢の物「なます」は、元々は肉料理だった!

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

貝?虫?植物?おせちに入っている「チョロギ」って一体何なのか

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

これを食べれば銭を得る?おせちにぜんまいが入っている理由と由来

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

おせち料理の隠れた主役!?縁起が良い食材「ごぼう」の意味と由来とは?

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

ピザ生地がなくても15分で完成!余ったおせちで作るピザが新食感で美味い!

ピザ生地がなくても15分で完成!余ったおせちで作るピザが新食感で美味い!

ぐるなび編集部

Writer

りな助

料理研究家

【知ってる?】お正月にお雑煮を食べる意味は神様の力をもらうためだった!

【知ってる?】お正月にお雑煮を食べる意味は神様の力をもらうためだった!

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

【保存版】門松から花まで!お正月のテーブルを彩る5つの飾り切り

【保存版】門松から花まで!お正月のテーブルを彩る5つの飾り切り

國塩亜矢子

Writer

國塩亜矢子

インナービューティー研究家

あなたはどっち派?角もち VS 丸もち!お雑煮 天下分け目の戦い

あなたはどっち派?角もち VS 丸もち!お雑煮 天下分け目の戦い

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

おせち気分がさらに盛り上がる!100均で購入した道具でおせちの重箱を作ってみた

100均で購入した道具でおせちの重箱を作ってみた

haru

Writer

haru

料理家

お子様おせちプレートで、お正月は家族みんなで楽しい食卓を!

お子様おせちプレートで、
お正月は家族みんなで楽しい食卓を!

haru

Writer

國塩亜矢子

インナービューティー研究家

おせち調理の便利グッズ

おせち調理の便利グッズ

haru

Writer

haru

料理家

第4のおせち(エスニックおせち)

第4のおせち(エスニックおせち)

haru

Writer

五十嵐ゆかり

料理研究家・管理栄養士

10分でできる!自家製“昆布〆“熟成肉

10分でできる!
自家製“昆布〆“熟成肉

haru

Writer

五十嵐豪

旅する料理研究家

お正月テーブルコーディネート

お正月
テーブルコーディネート

haru

Writer

haru

料理家

これってウチだけ?!地域特有のおせち料理

これってウチだけ?!
地域特有のおせち料理

梅原けい

Writer

梅原けい

料理研究家

おせちもこれで作れちゃう!ポリ袋レシピ

おせちもこれで作れちゃう!
ポリ袋レシピ

金子文恵

Writer

金子文恵

料理家

関西だけ?!正月に飲むお酒、おとそ

関西だけ?!
正月に飲むお酒、おとそ

ーーーーーー

Writer

梅原けい

料理研究家

おせち料理・具材を使って”ロースおじさん”キャラ弁を作ってみた

おせち料理・具材を使って
キャラ弁を作ってみた

haru

Writer

haru

料理家

ラーメンを入れたら美味しいお雑煮No.1決定戦

ラーメンを入れたら美味しいお雑煮
No.1決定戦

高田康史

Writer

高田康史

料理家

おせちにも!お雑煮にも!かまぼこをいろんな魚で作ってみた

おせちにも!お雑煮にも!
かまぼこをいろんな魚で作ってみた

國塩亜矢子

Writer

國塩亜矢子

インナービューティー研究家

今流行りのジャーサラダを和の食材で作ってみた

今流行りのジャーサラダを
和の食材で作ってみた

りな助

Writer

りな助

料理研究家

おせちを肴に飲むお酒・フルブラを今から漬け込んでみた!

尾頭付きの鯛、釣りVS購入で費用対効果を比べてみた件

ぐるなび編集部

Writer

ぐるなび編集部

おせちを肴に飲むお酒・フルブラを今から漬け込んでみた!

おせちを肴に飲むお酒
フルブラを今から漬け込んでみた

大石亜子

Writer

大石亜子

調理師

おせち豆知識

おせち料理の起源

季節の変り目である「節句」に、神様へのお供えをするための料理がおせち料理の起源です。
お供え物自体の歴史は古く、日本人が稲作を始めた頃からで、その後、奈良~平安時代の朝廷行事「節会(せちえ)」でお供えした料理「御節供(おせちく)」を庶民が真似し、年に5回の節句の中で最も重要な正月料理のみを、江戸時代後半から「おせち料理」と呼ぶようになりました。
奈良~平安時代まではお米のみをお供えしていましたが、江戸時代までには野の幸、海の幸、山の幸を使い、その年の豊作を祈って食べる料理や武家の祝い膳、新年を祝う庶民の料理などが混ざり合って現在の形の原型が出来ました。
古来日本人にとってお正月は年神さまをお迎えし共に過ごす儀礼。
おせち料理は火を使わずに済む保存食で構成されてきたのには、一年のはじめに、神様にお供えしたごちそうをいただき、神様がいる間は煮炊きするのを慎むということと、正月の三が日は普段忙しい女性に休養を与えるという理由があったようです。
明治時代に入り、おせち料理は「めでたさを重ねる」という意味で重箱に盛り付けられるようになりました。
現在では三段重が基本となっていますが、伝統的なものは四段重または五段重で構成され、上から順番に、一段目には黒豆や数の子などの祝い肴、二段目には口取り肴といい伊達巻や栗きんとんのような甘いもの、三段目には魚や海老の焼き物など海の幸、四段目は野菜の煮物などの山の幸(五段目は控えの重)という構成になっていました。
一段目は年始のお客様との酒の肴にするため、二段目は酒を飲めない子供たちと下戸の人のためのものという意味合いがあるそうです。
「まめに働く」黒豆や、「金団」の字をあてて財宝を意味するきんとんなど、めでたい食べ物を詰め合わせて一年の無病息災と家内安全を祈願しました。

地方ごとの特色

諸説ありますが、おせち料理は本来「年迎え」として大晦日の夜から元旦にかけて食べられるものだったそうです。
明治時代以降は重箱に詰められ、年始の来客をもてなす料理としての意味合いも持つようになり、現在では日本全国で元日から正月三が日にかけて食べるようになっています。
しかし北海道や東北の一部では今でも江戸時代以前の風習が残っており、大晦日からおせち料理を食べるそうです。
また、重箱に詰められるおせち料理の特色も地方によって様々です。
関東では「祝い肴」には黒豆、数の子に加え、ごまめ(田作り。
いわしの幼魚の佃煮)を入れますが、関西で黒豆、数の子とたたきごぼう(酢ごぼう)を入れるのが特色です。
長い歴史を持つ関西地方では、京都の「棒だら」や滋賀の「フナずし」をはじめとして特色があります。
どの地方でもその地方でとれる海の幸、山の幸を生かした料理が重箱に詰められ、お正月の食卓を彩ってきたのです。

おせち料理、近年の傾向

おせち料理の内容・質や価格帯、品数やジャンル、ボリュームなどの嗜好は、それぞれのご家庭で異なるものです。
お子さんがどうしても伝統的な和風のものが苦手である場合、中華や洋風のおせちを選ばれることもあるでしょう。
食の安全が問われる現在、産地や生産者、作っているシェフが一目瞭然であるインターネット販売は、前述したようなおせち料理への多様なお客様のニーズに合わせ、ますます人気のものとなっています。
近年で人気なのは、和風おせちでは、海鮮おせちやふぐセットなど、“おせちにもう一品”のおまけ付きのもの。
洋風おせちではローストビーフ、テリーヌ、パテなどの食材にオプションでデザートやスイーツを付けたもの。
中華風おせちでは、アワビやフカヒレの高級食材をつかったおせちや、オードブル形式のものが選ばれているようです。

一年のはじめにあたり、家族みんなが笑顔になれるようなおせち料理を、ぜひぐるなび食市場でお探しください。