1. お取り寄せの食市場
  2. >
  3. おとりよせ特集一覧
  4. >
  5. 注目のおとりよせ特集
  6. >
  7. 塩レモンの材料購入・通販特集

塩レモンの材料購入・通販特集

今話題の魔法の調味料、塩レモンの材料が全てここで揃います! ノーワックスの国産レモンに塩、さらに保存瓶まで、塩レモンを作るために必要な材料の通販ならぐるなび食市場で。

  • 父の日
  • バーベキュー特集
  • イチオシ特集
  • 送料無料特集
  • 訳あり特集
  • 米特集
  • お取り寄せ通販 フルーツ特集
  • 飲料・ドリンクの通販&お取り寄せ特集
  • 肉特集
  • 海鮮特集
  • スイーツ特集
  • 惣菜特集

「爽やかな酸味と、まろやかなしょっぱさ。皮の苦味がほのかに感じられる」塩レモン。
レモンはとても身近な食材ですが、今まで使い道が限られていました。ほとんどの場合は果汁だけ使っているのが現状です。 「塩レモン」は、爽やかな香りやほのかな苦味をもつ果皮まで使い、レモンならではの爽やかな酸味・香り・苦味などを幅広い料理に生かせます。
また、肉や魚を柔らかくしたり、コクや風味を出すこともできる万能調味料として、「塩麹」に似た使い方ができるのも魅力です。
塩麹よりも手軽に作ることができ、レモンの切り方や漬ける期間を変えて、好みの味に合わせて調整することもできます。
暑い時期に乗りこえるための「塩分」と「ビタミン」が同時に気軽に摂れるのも魅力です。


漬け込んでいくと徐々に酸味・塩味の角が取れてきて、果皮は刻んで香りのいい塩として、漬け汁は塩気のあるまろやかな酢として活用できます。
野菜料理やパスタのドレッシング・ソース・香りづけに、また肉や魚を柔らかくしたり、コクや風味を出すこともできます。
中には、柚子のように刻んで味噌汁に加えることもあるようです!
和洋に関わらず、使えそうですね。
また、発祥とされるモロッコなどでは、タジン鍋を使った煮込み料理や、炒めものなどに広く使われているようです。
・モツとひよこ豆の塩レモン煮込み「トリッパ」
・ホウレンソウの塩レモン炒め「バッコーラ」 etc


<肉や魚を柔らかくする>
 ・肉をポリ袋に入れて、塩レモンの漬け汁を加えて(もしくは絞って)もみ込む。

<風味付け>
 ・他の食材と一緒に加熱する。(酸味が抑えられる)
 ・盛り付け時に添える。(丸ごと添えたり、果皮をピール状に切って添えたりします。)
 ・塩レモンの果皮を細かく切り、香りのある塩として使う。
<ソース・ドレッシング>
 ・そのまま絞る。
 ・塩レモンとプルーンなどをフォークでつぶし、料理の焼き汁と合わせてソースに。
 ・刻んだ塩レモンを、ごま油・ナンプラー・ニンニクと合わせてエスニック風ドレッシングに。


果皮ごと漬け込むため、農薬・ワックス・防腐剤などを使用していない国産レモンが推奨致します。
塩の選び方については、海外ではKosher Salt※(無添加の粒の粗い塩)を使用する事が多いようです。
その他にも、鷹の爪・ローリエ・ニンニク・黒胡椒・カイエンペッパー・クローブ・カルダモンなどのスパイスやハーブと漬け込んで、独自の風味をプラスする場合あります。