1. お取り寄せの食市場
  2. >
  3. おとりよせ特集一覧
  4. >
  5. 季節のおすすめ!おとりよせ特集
  6. >
  7. バレンタインチョコ・ギフト通販

バレンタインチョコ・ギフト通販

今年のバレンタインチョコ・ギフトをお探しの方必見!本命チョコ~義理チョコまで様々なシーンに利用できるチョコレートが盛りだくさん。有名店の人気チョコや話のネタになる面白系チョコまで通販だからこその品揃えです。バレンタインにオススメのチョコレートならぐるなび食市場へ。

バレンタインデー特集

  • お取り寄せランキング
  • スイーツ特集
  • レッツ 恋人たちのレストラン特集
  • レッツ バレンタイン特集2016

バレンタイン注目のおすすめ商品

バレンタインランキング

本命チョコ

絶品グルメ

2,000円以下

2,001円~3,000円以下

バレンタインデーとはどんな行事?

バレンタインデーとは、2月14日に女性から男性へ、チョコレートを渡す習慣です。
20世紀に、日本にバレンタインデーが伝わりましたが、チョコレートメーカーや、デパート業界が販売戦略を掲げて試みた結果、現在の形になり定着したのは昭和30年代に入ってからのことだと言われています。
最近では、友達に贈る「友チョコ」、自分で買って食べる「自分チョコ」など、様々な形で楽しまれているようです。

バレンタインデーの由来は?

バレンタインデーは英語で「Saint Valentine's Day」と言い、聖バレンタインの日という意味になります。
バレンタインとはローマで3世紀に殉職したバレンタイン司祭のことです。
古代ローマ皇帝・クラウディウス2世は「士気が下がる」という理由で兵士の結婚を禁止していましたが、バレンタイン司祭はひそかに兵士たちを結婚させていました。
それが明るみになると、司教は改宗を迫られ、それを拒否。遂には捕らえられ処刑されてしまいました。
処刑された日が2月14日、バレンタインデーはバレンタイン司祭が殉教した日なのです。
さらに当時ローマでは2月14日は「家庭と結婚の女神」ユノの祝日であり、また多くのカップルを生んだ「ルペカリア祭り」の前日だったのです。
この為、キリスト教徒にとっても、この日は祭日となり、「恋人たちの日」となったのです。

日本国内と海外のバレンタインデーの違いは?

日本ではバレンタインは女性から男性に贈るものとなっていますが、海外では様々。贈る物のバリエーションも豊かです。
また、ホワイトデーのお返しの習慣はヨーロッパ・アメリカには存在しません。

アメリカ:普段お世話になっている人同士で贈る。カード、花などを贈ります。

イギリス:男性が女性に贈ります。カード、花、お菓子などが贈られます。

イタリア:男性から女性、女性から男性と、どちらもあります(この日に婚約すると縁起良いと云われています)。 花、アクセサリー、カードなどを贈ることが多いようです。

ドイツ:既に付き合っている、既婚者等のカップル同士が行うイベントです(付き合っていない人が、好きな相手にプレゼントするのは不可)。

中国:男性が女性に、花、カードなどを贈ります。

韓国:女性が男性に贈ります。贈る物はチョコで、韓国が一番日本の習慣に似ているようです。

バレンタイン・ギフトの相場は?

バレンタインギフトも、贈る相手によってやはり相場が違うようです。

義理チョコ:約7割の人が、1,000円未満で済ませています。その中でも多いのが300円~500円。
義理チョコで一番重視する点は、やはり価格と量のようです。

本命チョコ:1,000円~3,000円のチョコを贈る人が半数以上のようです。
1,500円あれば、高級チョコレートや生チョコなども買える為、この金額が一番多いようですね。
また、チョコレート以外のプレゼントの予算は3,000円~5,000円が主流のようです。

人気の贈り物は?

バレンタインギフトで人気のアイテムといえば、チョコレートの他にも、財布、ネクタイ、靴下、香水、最近ではスマホケースなども人気があるようです。
ですが、やっぱりバレンタインと言えば、チョコレートやスイーツですよね!
また、甘い物が苦手な男性にも喜ばれるよう、ぐるなび食市場ではお肉やお酒なども、バラエティ豊かに取り揃えています!
バレンタインギフトは是非ぐるなび食市場で!