sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom

レストランの絶品料理をお取り寄せするならぐるなび食市場

みんなのおせち購入金額はどれくらい?最新おせち事情に迫る!

新年の祝い善としてお正月を飾るおせち料理は、お正月を象徴する食べ物ですが、最近では家庭で作る人も減ってきました。一方、市販のおせち料理は年々多様化しています。

みんなのおせち購入金額はどれくらい? 最新おせち事情に迫る!

新年の祝い善としてお正月を飾るおせち料理は、お正月を象徴する食べ物ですが、最近では家庭で作る人も減ってきました。一方、市販のおせち料理は年々多様化しています。
そこで今回は最新のおせち・お正月事情を徹底調査しました。世間一般では、どのくらいおせち料理が食べられているのか、購入している場合はどのくらいの金額なか、お正月はどのように過ごすのか。インターネットで行われたアンケート調査の結果をもとに、最新おせち事情に迫ってみました。

7割の人がお正月は自宅で過ごしている

Q.お正月はどのように過ごしましたか?
A.回答結果(複数回答あり)
自宅で過ごした・・・70%
実家へ帰った・・・・20%
旅行に行った・・・・10%

全体の約7割の人「自宅で過ごした」、約2割の人が「実家へ帰った」と回答しており、旅行へ行ったという人は全体のわずか1割未満でした。ほとんどの人が自宅や実家でお正月をゆっくりと過ごしていることがわかります。
では、おせち料理を食べている人はどれくらいいるのでしょうか?

おせち料理は7割以上が食べる日本の食文化!

Q.おせち料理は毎年食べますか?
A.回答結果
食べた・・・70%
食べない・・30%

全体の約7割の人が「食べた」と回答しており、
おせち料理は日本の根強い食文化として愛されていることが分かります。また年代別に見ると、50代以上の人は8割以上、20代、30代は約6割が食べたという結果でした。
若い層では食べる人が減るものの、それでも半数以上の人がおせち料理を食べています。

おせち料理を選ぶ基準は、価格と品数やバリエーション

Qおせち料理を購入する際は、どのようなことを重視していますか?
A回答結果(複数回答あり)
価格・・・50.7%
品数や種類の多さ・・・46.6%
好きなものが入っているかどうか・・・42.4%
量が適当であるか・・・35.3%

その他、「和洋中のバリエーション」、「見栄え」、「食材や料理の産地」、「有名店かどうか」、「添加物の有無」などの回答も選ばれました。

おせち料理の購入価格は1万円~1万5千円が人気

Qどのくらいの価格のおせち料理を購入していますか?
A回答結果(複数回答あり)
5000円未満・・・20.9%
5000円~10000円・・・9.4%
10000円~15000円・・・27.1%
15000円~20000円・・・15.0%
20000円~25000円・・・13.0%
25000円以上・・・14.4%
不明・・・6.6%

価格帯では10000円~15000円が最も人気です。次点で人気だったのが5000円未満のおせち料理となっており、おせち料理は低価格のものから高級なものまで幅広く購入されていることを示しています。また、購入は、百貨店やスーパー、レストランなどのほかに通販を利用する人も増えてきています。

おせち料理の需要はまだまだ健在

昨今は、若い層を中心に「おせち離れ」の傾向があると言われています。それでも約7割の人がおせち料理を食べています。市販のおせち料理も多様化しており、インターネットなどで気軽に買えることからも、おせち料理の需要はまだまだ健在と言えます。