sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom

レストランの絶品料理をお取り寄せするならぐるなび食市場

今年のおせち料理は作らずに買いたい!フランス料理ビストロやまの極上洋風おせちは1年の初めに最高のスタートをきれそう!

おせち料理は、1年のはじめ、お正月に食べる縁起ものだからこそ、食材にもこだわりたいし、失敗はしたくない。そんなあなたに!おいしくて、安全で、信頼できる、オススメのお店のおせち、老舗のフランス料理店「フランス料理ビストロやま」の極上洋風おせちをご紹介します。

こんにちは。ライターの佐藤樹里です。
1年は早いもので、もうすぐ年末年始がやってきますね。
お正月といえばおせち料理!おせち料理は、1年のはじめ、お正月に食べる縁起ものだからこそ、食材にもこだわりたいし、失敗はしたくないものです。
しかし、おせち料理を買いたいのだけど沢山ありすぎて迷う!最近、いろいろなところでおせち予約のチラシや広告があってどのおせちが良いのかわからない!
そんなあなたに!おいしくて、安全で、信頼できる、オススメのお店のおせちを発見したので小声で教えちゃいますね。
今回、ご紹介するのは老舗のフランス料理店「フランス料理ビストロやま」の極上洋風おせちです。


ビストロやまの今年のおせちのウリを聞いてみた!

浦和駅から徒歩6分の埼玉会館2階に同店はあります。店内はおしゃれで洗練された空間。

開放的な窓からは光が降り注ぎ、とても気持ちがよく、爽やかです。夜はまた昼間と打って変わって店内の照明に、窓から見える外のライトが優雅でロマンチック!

私が取材をさせていただいている間もひっきりなしに電話や予約のお客様がお見えになっていて人気店なのが伺えます。

こちらはビストロやまのオーナーシェフの山田正三さん。

インタビューは山田正三シェフのご子息でいらっしゃる代表の山田裕貴さんにお伺いいたしました。




佐藤:「今年のおせちのこだわりやウリってなんですか?」

山田さん:「毎年、その時のおいしい食材をつかっています。ですので、毎年食材が変わっているんです。さらに、おせちと一緒に、お肉にもお魚にも合う一級以上のシャンパンもご一緒にお届けしています。

少しでも添加物を使うとシャンパンやワインに合わなくなってしまうので、全て手作りの無添加にこだわって作っているのだそう。

山田さん:「食材は、どれをとっても自慢の食材を使っているため、世界中から取り寄せてきています。」

佐藤:「世界中!?す、すごすぎる・・・」

山田さん:「例えば海老は、ニューカレドニアの天使の海老というもので、世界で一番綺麗な海で育って採れルものを使用していますよ。」

山田さん:「さらに私どものおせちは無添加で一品一品を完全に手作りにしており、お店で作ったおせちをそのままの状態で冷蔵でお届けする『生おせち』というものです。クリスマスが終わった25日以降に一斉に作りはじめます。」

佐藤:「そうなのですね!新鮮で、作ったそのままのお味が楽しめるということですね。」

山田さん:「はい。あとおせちの工夫としましては、それぞれのお料理が箱から外れるようになっています。その理由が、電子レンジで温めて、よりおいしい状態で召し上がっていただきたいからです。」

山田さん:「また、ローストビーフは通常ですと絶対パサついて、かたくなってしまうのですが、このおせちでは真空パックに入れてお届けしています。自宅でお客様に湯煎で温めていただき、一番美味しい状態でご提供したい!という想いからこのような工夫をさせていただいております。」

佐藤さん:「お客様のことを考えた長年の工夫が詰まっているおせちなのですね!!去年のおせちも大好評だったのではないでしょうか。」

山田さん:「はい、去年も12月の頭頃には完売いたしました。今年は限定200食ぐらいなので、もしかしたら12月に入るまでに完売するかもしれません・・・」

佐藤さん;「大人気ですね!今すぐ買わないとすぐ完売してしまうので買おうか悩まれている方はお早めに。」

山田さん:「毎年シェフも腕をあげて、一番のおいしいものをご提供させていただきます。オードブルとしても召し上がっていただけるおせちなので、シャンパンやワインが好きな方は特にオススメですよ。」

佐藤:「美味しく無添加でいただけるので、添加物などに気をつかっている方にもぴったりですね。ありがとうございました!」

内容は?おせち20種類全て大公開!!!!

壱ノ重
①天使の海老の辛子オイル煮
甘くておいしい!殻まで丸ごと食べられるのも嬉しいですね。

②鯛のエスカベッシュ
ほんのり酸味の効いたさっぱりとした味わいです。

③鶏のバロッティーヌ(右)
④鰊の薫製(左)
薫製はシャンパンだけでなく日本酒にも合いそうです!

⑤鴨と姫豚のパテ(右)
⑥鴨胸肉のソテーと鴨肉のコンフィ(左)
どちらも濃厚でおいしいです。鴨も肉厚なのにも関わらず柔らかい!

⑦フォアグラとトリュフのリエット
こちら下には里芋がはいっていて、フォアグラやトリュフとの口溶けが非常にまろやか!フォアグラとトリュフ・・・その高級感にテンションがあがります。

⑧白身魚のパイ包み焼き(奥)
⑨ズワイガニとブロッコリーのキッシュ(手前)
ほんのり甘いサクサクのキッシュの生地に、カニの風味が交わることで、高級感溢れる味わいになっています。

⑩ローストビーフ
先述ですが、真空パックされてくるので、30秒ほど湯煎であたためると更に美味しく召し上がれます。やわらかくて絶品!

さっぱりとした味わいのビネガーが海鮮のうま味を引き立てます。

弐ノ重
⑫小海老のクリーム煮
こちらはレンジで温めるとより一層おいしくいただけますよ。

⑬蛸とオリーブのトマト煮
蛸、オリーブ、トマト、この組み合わせ、シャンパンが進みます・・・!

⑭ガトーショコラ
甘さ控えめなのにも関わらず、深いコクを感じます。ワインにもぴったりですね。

⑮ピクルス
シャキシャキの新鮮なお野菜がおいしいです!お口直しにもぴったりの一品。

⑯オマール海老と帆立の紅白テリーヌ
祝賀ムードを感じられる紅白の色。口に入れると、口の中でしゅわっと溶けていきます。

⑰4色のマカロン
かわいい!マカロンが手作りででてくるおせちが他にありますか!?
私は知りません!甘さも控えめでさっくりした食感は女性が喜ぶこと間違いなし!

⑱豚肉のバスク風煮込み
長時間煮込んであるのが一口食べて伝わるくらい柔らかくジューシー!
こちらはレンジで温めるとより一層おいしくいただけます。

⑲トゥール風リエット
お正月はお餅だらけで飽きてしまうもの。こちらのリエットをバゲットやトーストにつけて召し上がりましょう!

⑳トリッパのトマト煮
トリッパとは、牛の第2の胃袋“ハチノス”のことです。歯ごたえある食感で脂肪分も少なくヘルシーで美味しいです。
こちらはレンジで温めるとより一層おいしくいただけます。

いかがでしたでしょうか?

以上豪華20種類のビストロやまの極上洋風おせちでした!

今年は限定200食で12月初めには完売してしまうかもしれません。

手作りにこだわって、召し上がるお客様に本当においしいものをお届けしたいと想う気持ちから作られた、沢山の想いがつまったおせち。

1年の初めは本当においしいおせちで食べ初めしてみませんか?

ライター情報

佐藤樹里

水泳インストラクター兼管理栄養士として勤務。その後フィリピン・カナダへ約1年渡航。現地のブランチレストランでカナダ人のシェフと共に働く。帰国後はアスリート向けの食堂と老人ホーム厨房にてWワークを経て独立。現在はスポーツイベント開催、アスリートへの栄養講座、栄養個別サポート、低糖質で高タンパク質の“食べるプロテイン”レシピ作成などを行う。
アスリートの明日とDREAM(夢)を叶える!アスドリファクトリー代表。

[オフィシャルブログ] http://asudorifactory.com
[食べるプロテイン食堂] https://www.facebook.com/vfriedrice2maidoya/

(編集:河瀬璃菜)