sp_navi_plus FHLP_A FHLP_Q FPRD_coupon FPRD_fig FPRD_list FPRD_mail FPRD_minus FPRD_plus FSHP_list FSHP_tile FSVC_cat arrow01 arrow03 arrow04 arrow05 arrow06 arrow07_mod arrow08_pagetop card cart check coupon crown crown_gold crown_silver crown_bronze facebook facebook_white gift googleplus hatena heart history icon_cat iine instagram line link modal_close mypage navi_cat navi_check navi_mail new nom_01 nom_02 nom_03 nom_04 nom_05 nom_06 nom_07 nom_08 nom_09 nom_10 openheart pc_navi_minus pc_navi_plus pc_pulldown pocket postage prd_coupon prd_coupon_orange prd_sale ranking_star_shade search shop sp_navi_minus sp_pulldown tag_credit tag_gift tag_soryo tag_takeout twitter icon_font_10 icon_font_10 icon_font_10 zoom

レストランの絶品料理をお取り寄せするならぐるなび食市場

美味しさの秘密は「水」にあり!36年の伝統と技が活かされたとんでんのおせちで今年の正月を迎えよう!

おせちを36年連続で販売を続けている老舗・和食レストラン「とんでん」さんに、2018年の生おせち料理「とんでん」和風三段重について、美味しさの秘訣やオススメメニューをレポート!今年のおせちを選んでいる方は必見です!

こんにちは!パパライターの薗部雄一です。
2017年も残すところ約1か月。クリスマス、大晦日が過ぎれば、あっという間にお正月です。そこで外せないのがやはり「おせち料理」!!

今やスーパーやコンビニでも購入できるほど選択肢が多いのですが、美味しいおせちはどう探せばいいのでしょうか。行く先々で片っ端からカタログを取りまくり、至極の品を探していると、気になるカタログを発見。和食レストラン「とんでん」さん、おせちを36年連続で販売を続けている老舗です。

う、美味そうだ...ゴクリ。よだれが垂れかけた筆者は11月中旬、さいたま市にあるとんでん白幡店でおせち試食会があると聞き、颯爽と会場へ向かいました。

夕方6時にお店に到着!はためく「おせち料理」の文字にワクワクが止まらない僕。

とんでんさんの責任者に聞いた!おせち試食レポート!

今回試食したのは、「焼き紅鮭」「数の子」「ソフトほたて貝柱」の3つのメニュー。

同社おせち通販の責任者・小助川肇さんにご同席いただき、2018年おせちの魅力や、美味しさの秘密などについてお話を聞きました。小助川さん、お忙しい中、ありがとうございます!

脂が乗りに乗った焼き鮭は絶品!

小助川さん:本日はよろしくお願いいたします。まずは焼き鮭をお召し上がりください。

焼き鮭!僕の大好物‼︎まさか知っていてくださったのか⁈この身の厚さよ。これはもうね、食べる前から美味しいです。ちなみに、皮が黒いのが背身、白いのが腹身です。

背身から試食します。

箸で摘むとよりわかる身の重厚感。鮭の風味が濃いこと。焼き鮭って普段の食事で食べることが多いと思うのですが、レベルが違います。普段が1としたらこれは10、焼き鮭の最優等生ですよ。加工段階で骨を丁寧に抜いているので、食べやすいのも嬉しいです。

お次は腹身をいただきます!

このジューシーさ!写真から脂の乗りがお分かりいただけますでしょうか? 口の中にジュワッと溢れてくる脂、背身と比較すると身が柔らかいんです。もちろん風味も抜群です!

薗部:ごちそうさまでした!!焼き鮭のこだわりを教えてください。

小助川さん:アラスカのカッパリバーという川で獲れた貴重な鮭を使っています。世界で一番早く鮭が遡上することで有名で、脂の乗りが全然違います。当店おせちのこだわりの一品です。

やはり貴重な鮭でしたか!舌に自信が持てました。嬉しい。

企業秘密の配合の調味液で味付けした数の子

続いては、数の子をいただきます。子孫繁栄を祈ったメニューとして、おせち料理の定番ですよね。

わかりますか?このぎっしり粒粒感!ひとつひとつの粒が元気です。身がコリッとしていて食感が良いし、口の中に優しいお出汁の味がジュワッと広がるんです。北海道恵庭市にある自社工場で、企業秘密の配合の調味液で味付けをしたそうです。
実は筆者は数の子が苦手だったのですが、なんとこの数の子を食べて、あまりの美味しさに苦手を克服しました。(※事実です)

薗部:粒がコリコリで素敵な食感です!味付けもマイルドで、食べやすい!

小助川さん:そうおっしゃっていただけて嬉しいです。一切成形はせず、一腹分を贅沢に使っています。

そうなんですね!贅沢!!僕が食べた今までのまずかった数の子達はきっと成形されたものだったんだろうな…美味しい数の子に出会えて感謝。

北海道サロマ湖産のほたてを使用した、ソフトほたて貝柱!

最後は、ソフトほたて貝柱をいただきます。

箱入りで可愛い!コンビニなどに売っているお酒のおつまみ用のホタテがありますよね。それを少しソフトにし、旨味をぎゅっと凝縮させたようなイメージです!

北海道サロマ湖産のほたてを使用し、燻製にして柔らかく仕上げているそうです。小さいのに食べ応え抜群!食べると身が柔らかくてほろっと口の中で崩れ、軽く食べられるのに旨味が濃いので満足感があるんです。お酒のおつまみにもぴったりです!

2018年おせちの美味しさの秘訣とは?

2017年は約3万7000個を売り上げ、好評だったというとんでんさんのおせち。2018年のおせちには、「とんでん」「雅」のほか、北海道産の食材のみを使った「北の恵み」の3つのメニューがあります。しかし、このうち北の恵みは既に完売。残念です。美味しいもんなあ。

生おせち料理「とんでん」和風三段重

生おせち料理【雅-みやび-】 三段重

薗部:おせちメニューを考える時に気をつけることって何ですか?

小助川さん:みんなが好きなもの、万人うけするメニューをできるだけ選ぶようにしています。

薗部:とんでんさんのおせちの美味しさの秘訣を教えていただけますか?

小助川さん:食材の良さと水ですね。当社創業の北海道産の食材を中心に、アワビ、いくらなど良い食材を厳選しております。しかしそれだけではありません。恵庭市に流れる湧水を料理に使っているんです。たとえば、いくらや先ほど召し上がった数の子の味付けも美味しい水を使っているんですよ。

薗部:水ですか!奥が深い!どおりで美味しいわけですね。

薗部:オススメのメニューは何ですか?

小助川さん:「とんでん」では、焼き鮭、ズワイ蟹甲羅詰めですね。「雅」では、伊勢海老でしょうか。千葉県と静岡県で水揚げされた活伊勢海老を恵庭の自社工場で炊き上げてご家庭にお届けします。見た目のインパクトも大きいですよね。

あとは、鯛の塩焼きですね。昨年は切り身にしたのですが、尾頭付きを希望する方が多くて。今年は一尾入れることにしました。

あと、面白いメニューとしては、柿バターでしょうね。

薗部:これですね!

小助川さん:そうです。干し柿をプレスして、バターを巻くという一品です。当社ではおせちアンケートを取るのですが、かなり好みが分かれる面白いメニューですね。

薗部:2018年おせちを買いたいと思う方にメッセージをお願いします。

小助川さん:和食レストランが作るので、味には絶対の自信があります。おせちを36年続けていて、リピーターの方も多いです。ぜひご賞味ください。また冷蔵なので、蓋を開けてすぐにお召し上がりいただけます。冷凍おせちとは食感が違います。

また、当社のおせちは北海道恵庭から全国に発送します。空輸で最寄り空港まで輸送し、そこから陸送します。盛り込みから配達まで時間を短縮することで、新鮮な状態でお届けします。

【とんでん】和風三段重【2018年】の実物の写真は!

この日、お店ではお重に盛り込まれた見本が設置されており、特別に撮影させていただきました。先ずは一の重(鯛の姿焼き、数の子、羊羹など10品)。

次は二の重(あわびの煮物、ズワイガニ甲羅詰めなど9品)、

最後は三の重(味付煮海老、合鴨スモークなど10品)。

配送では、このように専用の袋に入れて、祝い箸付きで届きます。豪華!うちも頼んじゃおうかな♪妻に相談、いや、ここは可愛くおねだりだ!!きっと美味しいおせちを食べたら、年明け早々から2018年の家族円満が約束されるはず。(キリッ)

宅配便受付の締め切り予定日は、12月22日(金)ころです。お早めに!

取材したお店

とんでん白幡店
住所:埼玉県さいたま市南区白幡1-14-15
TEL:048-838-8877
おせち価格:「とんでん」2万7000円(税込)、「雅」3万7800円(税込)
おせち販売サイト:http://oseti.jp

書いた人

薗部雄一
1984年7月1日生まれ。生後6か月の男の子のパパ。特技は寝かしつけ。結婚、育児を機に自分の働き方を見つめ直し、働き方をテーマにした取材や記事執筆をメインで行なっている。

Blog:http://efufunet.hatenablog.com
Instagram:https://www.instagram.com/yuichi_sonobe/
Twitter:https://twitter.com/prepapayuyu

(編集:河瀬璃菜)